難しいバンカーもスイングの基本次第ということを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

バンカーのゴルフスイング

バンカーショット

ゴルフスイングの中でも難しいといわれているのは、バンカーショットとなっています。初心者が何度もバンカー打ちを しているのを見かけることがあると思いますが、ゴルフスイングの基本が出来ていればバンカ ーを恐れることはないといわれていると思います。確かにこの言葉通り、ゴルフスイングがしっかりと安定していれば、 バンカーうちも怖くありませんが、初心者はどうしても緊張してしまいます。

クラブはサンドウェッジがよい

ですが、メンタルスポーツといわれているゴルフなので、簡単にできる訳ではないのです。誰でも理解しているとは思いますが、実際のコースで実践することはとても難しいことなのです。クラブはサンドウェッジがよいでしょう。肩や腰は打球の線と並行にしてヘッドの抜けをよくする必要があります。

スタンスは若干オープン気味が良いとされています。何度も打って、慣れる必要が あります。イメージとしては砂を前に飛ばす感じだと思います。アプローチのスイングでの力は基本的に、 砂の抵抗分の力を入れておかなければならないのです。弱すぎても強すぎてもダメ、という難しいところに なりますが、まずはスイングに意識をおいて行うようにしましょう。

アプローチ

良いスイング

スタンスはアプローチの3倍分の力が必要だといわれています。右手に不要な力が入ってしまうと思ったようにはできないでしょう。ボールを遠くに飛ばすのではなく、砂を重点的に考えましょう。結果的に良い方向に向かうと思います。失敗をすると余計に力が入ります。

落ち着いて練習通りにする ポイント

落ち着いて練習通りにしなければなりません。ポイントとなるのは左わきの しまり具合が必要になります。ダウンスイングの軸が鈍くなりすぎるとミスショットとなってしま います。左わきの圧力をキープするようにし、足場も不安定なので両足でしっかりとカバーしましょう。 ちょっと体勢的にしんどいと感じるかもしれませんが、この方法が一番アプローチとして正確に打てるのです。 身体が始めはフォームに合わないかと思いますが、身に着けてしまえば安定しますのでしっかり練習しましょう。

初心者のゴルフスイングの基礎的知識