ゴルフスイングは数多くの練習も必要であることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ゴルフスイングの理論

完全に万能な訳ではない

ゴルフスイングをどのようにすれば確実に上達することが出来るのでしょうか。ゴルフのプロも指導者も昔から様々なことを考えているのです。それが、ゴルフスイング理論と呼ばれているのです。もちろん、完全に万能な訳ではないので覚えておきましょう。

人のマネをしても上手にできる訳ではない

理論通りのゴルフスイングをするためには、数多くの練習をしなければなりません。初心者には理論を理解するだけでも大変な作業だと思いますが、理論の基本的な部分のみを説明して、実際はスイングを見て指導する必要があります。ゴルフスイングの理論は誰にでも出来ることを説明している訳ではないのです。

人のマネをしても、上手にできる訳ではないのです。例えば、グリップの握り方1つでも異なります。インターロックグリップ、オーバーラップグリップ、テンフィンガーグリップが存在します。人それぞれ手の大きさが違うので、それぞれに適した握り方をしなければなりません。

一般的な握り方

カートでまわる

一般的にはオーバーラップグリップという握り方だといわれています。女性の場合にはインターロックグリップという握り方がよいでしょう。プロの場合にはフックやスライスを打ち分けるためにグリップの握り方を変えることもあるのです。初心者にとっては、基本のみで十分だと思います。

自分に適したものを考えてみる必要 ポイント

基本的には、初心者人から聞いた理論をうのみにするだけでなく、自分に 適したものを考えてみる必要があります。インターネットの記事のみを呼ぶとゴルフスイング理論が 間違っている可能性もあるのです。正しくは理論の使い方が間違っているという可能性もあります。 なので、常に初心者の間はうまい人に確認してもらうようにしましょう。

初心者のゴルフスイングの基礎的知識