どのようにしてドライバーを使ってゴルフスイングすればよいか知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ドライバーのゴルフスイング

初心者のゴルフスイングで注意したいのはスライス

ゴルフでは真直ぐに飛ばすことが出来るはずなのに、スライスしてしまうことが多くあるのです。初心者のゴルフスイングで注意したいのはスライスだということを覚えておかなければなりません。ゴルフスイングの基本がしっかりと出来ていないためにボールに不要な回転がついてしまいます。

クラブのせいにする人が多い

ドライバーで遠くまで飛ばしたくとも、スライスになると思いもしない場所にボールが飛んで行ってしまうのです。初心者を卒業したと思っている人もスライスには悩んでいるので、初心者は基本を身に着けることを重視しなければなりません。スライスになる人はクラブを変えても治りません。

初心者の時はクラブのせいにする人が多いのですが、クラブを変えるより、スイングを矯正する必要があります。ここまでの基本は、グリップをしっかり握り、注意しなければならないのは、左手の握り方で手でボールを打つのではなく体全体で打つことを意識しましょう。

フォロースルー

ボールを見る

フォロースルーも大切で、打ち終わった跡、ボールをおいていた位置から目を離さないようにしなければなりません。ドライバーはアッパーブローで打つのですが、残念なことにこの方法ではスライスになってしまうので、注意が必要になります。 グリップは柔らかく握り、右手での手打ちをイメージします。

昔のゴルフスイング理論は通用しない ポイント

フォロースルーはボールの飛んでいく方を意識し、ドライ バーではアッパーブローではなく、レベルブローが基本となるのです。これは 、昔のドライバーと現代のドライバーの性質の違いにもなるので、昔のゴル フスイング理論は通用しないので覚えておきましょう。昔は正しいとされていた方法が、現在は 否定されることはよくあることです。昔の人は昔の方法が良いと言いますが、それは科学的ではありませんので、今のスタイルに 合わせるようにしましょうね。

初心者のゴルフスイングの基礎的知識